臨済宗・臨済寺 解説

臨済宗・臨済寺


・江戸時代前期
(1658)に、隣接の廣養寺から一部の檀家が分
離し、盛岡の東禅寺から桃谷和尚を迎えて中興開山した

と伝えられる。雫石市街地の中心に位置。雫石駅から見ると正面の小高い丘の上にあり、江戸時代の雫石八景の

一つで同寺の山号による「恵照山の納涼」が知られる。

・江戸時代から昭和まで続いた雫石七観音の一つ「内堀観音」が安置されている。明治維新・戊辰戦争の時に東北

鎮撫総督であった九条道孝公が盛岡から秋田に転進する際に泊まった「御成の間」が本堂に復元されている。

・江戸時代に親の仇討ちを果たした藤村丑太の墓がある。

・昭和265月、162世帯が被災した雫石大火で類焼。その防火祈念碑が境内南斜面に建っている。