滴石史談会会則
   滴 石 史 談 会 会 則

  第1章 名 称
第1条 本会は、滴石史談会と称する。
  第2章 事務所
第2条 本会は事務所を会長が指定する場所に置く。
  第3章 目 的
第3条 本会は、史学一般、特に郷土史の研究とその発展を図ることを目的とする。
  第4章 組 織
第4条 本会は、本会の目的に賛同する会員をもって組織する。
  第5章 事 業
第5条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
 (1)郷土史教室(町内史跡めぐり1回・県内外研修2回)
 (2)研究発表会1回
 (3)史跡、名所、考古学、民俗学、伝説、民話、方言等資料の調査保存に関する事項
 (4)北浦史談会との交歓会
 (5)会報の発行
 (6)その他必要事項
  第6章 役 員
第6条 本会に次の役員を置く。
 (1)会 長  1名
 (2)副会長 1名
 (3)理 事  5名
 (4)監 事  2名
第7条 会長は、本会を代表し、会務を統括する。
第8条 副会長は、会長が事故ある場合は、会長代行を務める。
第9条 理事は、本会の業務の執行にあたる。
第10条 監事は、本会の財務を監査する。
第11条 会長、副会長、理事、監事は総会において選出する。
第12条 役員の任期は2年とする。ただし、再任は妨げない。
  第7章 事務局
第13条 本会に事務局を置く。事務局は本会に事務所を置き、事務局長は会長が任命し、委嘱する。
  第8章 会 議
第14条 本会の会議は次のとおりとする。
 (1)総 会
 (2)役員会
第15条 会長は、舞事業年度一回定例総会を開催する。
 (1)総会は、毎年度4月に開催する。
 (2)会長は、必要と認めるときは、臨時総会を開催することができる。
 (3)総会は、会員の過半数の出席をもって成立する。
 (4)総会の議長は、出席した会員の中から選出する。
 (5)総会の議事は、出席した会員の過半数をもって決する。
第16条 総会に付議する事項は次のとおりとする。
 (1)会の基本方針
 (2)予算及び決算
 (3)会則の改正
 (4)その他重要な事項
第17条 総会、役員会は会長が招集する。
  第9章 会 計
第18条 本会の経費は、会費、補助金、委託金、寄付金、その他収入をもって充てる。
第19条 本会の会費は、一人年額3,000円とする。
第20条 本会に入会する者は、所定の申込書または口頭で申し出るものとする。
第21条 本会を退会しようとする者は、届出書または口頭で申し出るものとする。
第22条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日を以って終わる。

  附 則
1、この会則は昭和41年11月4日から施行する。
2、昭和57年4月1日 一部改正
3、昭和59年5月4日 一部改正
4、平成8年4月26日 一部改正
5、平成12年5月12日 一部改正
6、平成14年1月11日 一部改正
7、平成19年4月25日 一部改正
8、平成20年4月24日 一部改正
9、平成22年4月27日 一部改正