雫石・戊辰戦争150年記念行事3

雫石・戊辰戦争150年記念行事1・2

雫石・戊辰戦争150年記念行事2  戊辰戦争の戦跡・ゆかりの地を訪ねて 
 9月16日(日)好天のもと、午前と午後の2回に分けて雫石町内の戊辰戦争の戦跡・ゆかりの地を訪ねて回りました。
<行程表> 
 雫石町中央公民館発→農兵集結・訓練地「籬野」→農兵出陣祈願の「多賀神社」→橋場旧街道入口と激戦地「三柱神社」→またぎ与吉の射撃地「明神石」→対秋田の西詰「橋場御番所跡」→与吉逃亡の「舟原沢」遠望→与吉隠棲の地「安栖」→砲撃を受けた「小赤沢」遠望→農兵集結地「越中畑」遠望→降伏の白旗「馳下り」→春木場→官軍九条道孝公宿泊「臨済寺」→官軍兵士福田栄之助の墓「廣養寺」→雫石町中央公民館着。

        

    
   

    
   

    
   

    
   

    
   

    
   

    
   

    
   
  
    
   

    
   

雫石・戊辰戦争150年記念行事1  事前学習会「戊辰戦争と雫石」 
 9月2日(日)町内外から99名が出席。戊辰戦争の経緯と雫石での出来事を詳しく解説した資料はご好評をいただきました。ありがとうございました。

  

       
 

新着情報

会報44号(20181/20/発行)を掲載しました。(2018/1/26)

会報43号(2017/3/12発行)を掲載しました。(2017/3/15)

会報42号(2017/2/16発行)を掲載しました。(2017/2/17)

会報41号(2017/1/26発行)を掲載しました。(2017/2/17)

・「ふるさとは遠きにありて」 北林妙子さんの「故郷雫石と家族はかけがえのない宝物」、新里孝二さんの「しずくいし議会だより100号に寄せて」を掲載しました。(2017/2/17) 

会報40号(2016/12/17発行)を掲載しました。(2017/1/11)

・「ふるさとは遠きにありて」 
杉田昭栄さんの「心身は雫石力」を掲載しました。(2016/8/5)

・新しいメニューとして「史談百花帖」を設けました。その紹介文です。

当ホームページでは、滴石史談会会報の全文をPDF文書として掲載しています。この形では、特定の記事を探すのが容易ではないので、一部の記事をWEB文書として抜き書きするとともに、「史談百花帖 拾い読み」と題して、おおまかな分野別にまとめることにしました。これによって会員の研究の成果が一層活用しやすくなることを期待しています。対象記事は随時増やしていきます。

 さらに、 「会員の調査研究成果資料の書棚」と「特別投稿・石碑が語る信仰と祈り」も「史談百花帖」の中に合体しました。(2016/5/24)

・「ふるさとは遠きにありて」 
種子キヱさんの「私の思い出とふるさとに感謝」掲載しました。(2016/5/10)

「タガを締める」  「ウスをつくる」
・昭和50年代前半、「広報しずくいし」を飾った「つくる」というシリーズでは、古くから伝わる手仕事の写真に簡潔な説明がつきました。今日の日常生活において普通には見られなくなった仕事が多くあります。「歴史写真館」に、その中から28枚の画像を掲載しました。(2016/5/4)

雫石町内指定文化財は、雫石町のホームページで一覧が公開されおり、町の指定および選定を受けた個々の文化財の記述を見ることができます。当ホームページでは、国および岩手県指定のものについても関連リンクをまとめて掲載しました。(2016/4/29)

・「雫石・歴史探訪シリーズ」に 新らしいシリーズ を掲載しました。前回と同じく、柴田慈幸
さんが一年間盛岡タイムズに連載された記事をまとめたものです。新シリーズの焦点は、仁佐瀬橋から国見峠に至る雫石街道です。 こちらからどうぞ。(2016/4/11)


会報第39号(2016・3・15発行)を掲載しました。(2016/3/19)

会報第38号(2016・1・23発行)を掲載しました。ページ数の関係で2分割しています(2016・2・26)。